【東京】上杉家伝来の能面・能装束

本館 特別1室・特別2室 2019年1月29日(火) ~ 2019年3月31日(日)開催中
場所:東京国立博物館


米沢藩(現在の山形県米沢市を中心とした地方)を治めた上杉家は、4代藩主・綱憲(つなのり、1663~1704)が金剛流宗家の弟を召し抱えてから、歴代藩主が金剛流の能楽をたしなんできました。また8代藩主・重定(しげさだ、1720~1798)は能楽を特に愛好し、自らも数多くの能を演じ、その優劣を能楽師と競うこともあったといいます。収集した能面や能装束、謡本(うたいぼん)、秘伝書などは、蔵が2棟も必要なほど、規模の大きなコレクションで、その多くは重定の代の収集品のようです

詳細は こちらをクリック

日本の仮面 能狂言面の神と鬼 / 本館 14室 2018年3月20日(火) ~ 2018年4月22日(日)
詳細は こちらをクリック